ディケア

  • 2012.10.10 Wednesday
  • 13:32

ご存じかもしれませんが、ゆりはフレンチのディケアに1歳半から通っている。

最近は少しのフランス語も話せるようになり、多国籍言語教育が本格化してきて、その難しさに親がくじけそうになる。彼女の母国語はフランス語になると思う。それでいい。学校できっちりと読み書きが学べる言葉、どちらかの親が宿題を見てあげられる言語となると日本語学校がない今、フランス語に落ち着いた。つまり、これから彼女たちが成長していく中で、キーポイントは旦那のサポートなのだ。

そりゃ、最初は決心がつかなかったところもありましたよ。
日本語で教育がしたい。自分で子供たちの宿題を見てやりたい。でも今それが不可能な環境だし、縁あって外国人と結婚したんだし、なによりも、自分の母国語で子供たちの教育を進めると、私・・・・かなりの教育ママっぷり、モンスターペアレンツになるような気がしてならないので(笑)この決断のほうが、子供たちはのびのび出来ていいんじゃないかな。

もちろん、私と会話が成り立つ位の日本語は出来てもらわないと困るので、自分は子供たちに日本語で話しかけているけれど、『会話が成り立つ程度』でいいとおもう。

↓今娘が通っているディケア。クメール様式の家を改造していて、緑豊か、土に触れられて素敵。


それにしても私立の学校はフレンチにしてもイングリッシュにしても高いなぁ…滝汗)
さくらが入学する頃になったら、うちの家計は火の車になるのが目に見えている…恐ろしぃ…
ゆりが3歳になったら、カンボジアにあるフレンチの公立学校の幼児クラスにうつる予定。
超人気校で、フランス国籍で1年待ち、カンボジア国籍で2年待ち、その他国籍で3年待ちと、今通っているディケアの先生に言われ、来年の3歳クラスの受付が始まったら、朝6時から旦那に並ばせるか?(笑)←日本見たい(爆笑)

カンボジアブログランキングに参加しています。
お時間ある方はポチリとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

コメント
子供の言語教育、私も悩みました。日本語メイン?英語メイン?カンボジア語メイン?(それはないけど・笑)。

結局うちは、学校では英語(もう私立の学校に通い始めて2年になるので、(多分)読み書き会話もOK)、家庭ではカンボジア語(私と同様会話オンリーの文盲)、メインは日本語(読み書きOK,会話も流暢ではないがOK)で行く事に決めました。といっても、家庭の中の唯一の日本人の私が2010年から単身赴任なんですが・・・。

まー、最終的には子供の能力を信じて、何とか対応して行ってくれるでしょう(笑)。
  • poshin
  • 2012/10/11 8:22 AM
多国言語で育てる事ってリスクも多くって私は実は否定的に考えていたりするんです(滝汗)←なのに子供を3ヶ国語で育ててる…なんて矛盾ですよね(苦笑)きっちりと母国語を持たせてそれで、サブの言葉を持たせる位にしてあげないと、空間的理解力?説明能力?が低くなるんじゃないかなぁと…。私の周りで中途半端に多国言語で育っている子を見ているとそんな気がしちゃいます。

単身赴任…大変ですね。お子さんに会える間は思いっきり楽しんでくださいね♪★☆
  • KUMI
  • 2012/10/12 10:54 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM