パイリンのストーン

  • 2016.10.20 Thursday
  • 20:00
パイリンでは赤いルビーが取れるということが有名ですがその9割近くは原産地が違ったり、ルビーじゃない別の石だったりするようです。
所謂、騙された!ということなんですけど、売り手さん自身も知らなかったりするので、正直、自身に見分ける能力がなければ手を出さないほうがいい分野かも。

それでも挑戦したくなるのがかーちゃん。
宝石というよりもヒート加工されていないの石が欲しかったのと、国産の石に興味があったのでお遊び程度で買ってみました。
しかも週末にわざわざパイリンまで行って(笑)
現地で買うほうが気分が盛り上がるのです。完全な「形から入るタイプ」のかーちゃん
加工もできないさざれ石レベルの小さなものが目的なので1つ100円もしない。
騙されたって平気。
最初に知り合いに紹介されたお店で出会ったのがこれ。


う〜ん…えらい豊富なのが怪しい…。 鑑定に出した結果、タンザニアさんのガーネットでした。
鑑定代の方が高かったけど、合格発表みたいで、そのワクワク感がたまらなーい。

そして、たまたま通りかかったお店でそれらしきものを発見。

最初のそれよりも小さめでその辺に落ちてる小石みたい。ホコリだらけで隅に追いやられてた。
お店の人に「こんなのどうすんの?それよりもいいもの入ったんだ」
って、どんどん持ってくるきらびやかな宝石達を頑なに断って、ただに近い価格でゲットした代物。
かーちゃんお店の人に完全に歓迎されてなかったー。
見事、パイリン産のルビーと認定されました。


\(^o^)/わーい!!! やったーー!!!
これから日本に持ち帰って加工してもらいます〜!!!
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM