チャンタブリで町歩き

  • 2016.10.04 Tuesday
  • 05:45
タイのチャンタブリはカンボジアとの国境の町で、カンボジア側からも気軽に行くことができます。

バッタンバン側からもコッコン側からも行けるのですが、プノンペンーコッコンの山を越えていくドライブが大好きなかーちゃんはあえてコッコン側を選びました。


早朝プノンペンを出発して5時間でコッコン到着。
車を国境で預けていざタイへ!!
タイ側はタクシーをチャーターして猛スピードで駆け抜けて、2時間でチャンタブリの街に到着。
怖かった〜。
帰りはとーちゃん、流石に助手席に座ってドライバー見張ってました。

この街は宝石がまだ少し取れるのと、カンボジアのパイリン側の宝石も持ち込まれて週末にはバイヤーが集まるぐらいだけど、街を見る限り、宝石で目も眩む程きらびやかな世界…ってこともなく、寂れ気味。


パイリンもほとんど取れなくなっちゃったもんねー。



でもこの街には若者が集うストリートがあり、アンティークカフェやギャラリーがひしめいている所があるのです。
移動日は疲れたのでそのままホテルにチェックインして近くの屋台で夕食お持ち帰りで済ませました。

2日目はひたすら歩きました。
↑このペイント、かーちゃんが気に入りました。


さてさて、偶然カンボジア人の従業員がいたカフェで朝食。
タイ語のメニューしかなかったのでお任せで、激辛ヌードルが来た(笑)
辛さはお任せにすべきではない…


気を取り直して、お散歩。
楽しい〜





素敵なカフェで一休み。
コーヒー激甘。
タイにいると激辛だったり激甘だったり、胃を悪くしそう。
(^^;;

文化センターにも立ち寄りました。

アンティークホテルの受付。
素敵すぎる(*^o^*)

何故かここのおばちゃんの人柄に惚れて家用のパンツをとーちゃんとお揃いで買っちゃいました。

ブサカワイさに惚れました。

さてさて、この街歩きの終盤にタイで最大のカトリック大聖堂を見に行きました。
一休みしたレストランから見えた〜!
でかいぞーー

すっごい大きいですね。見応えある!

昔この地に移り住んだベトナム人が作ったんだとか。
お祈りしている人もちらほらいたけど、ほとんどが観光客。流石仏教国だけある。

楽しかった。

シュールな彼女

  • 2015.10.11 Sunday
  • 05:50
街中はプチュンバンモードで浮き足立っているプノンペン。
如何お過ごしですか?

プノンペン某所で見つけたインテリア。
素敵〜と思って足を止めたら・・・

沈みかけている小舟に乗った頭が割れた白目の彼女。


ちょっとシュールすぎて固まっちゃったかーちゃん。

素晴らしい日曜日をお過ごしください。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ←ご声援ありがとうございます。
ポチりと足跡残して頂けると嬉しいです。

モンキービジネス

  • 2015.09.20 Sunday
  • 10:25
日曜の朝から大掃除をしていたかーちゃん。
片付けたあとから散らかして行く怪獣に惨敗気味でヘロヘロ〜( ;´Д`)

さてさて今日はモンキービジネスのお話。
移転して以来、私の中で車が停めにくさトップクラスだったので行っていなかったモンキービジネス。

久しぶりに行って来ましたよ。

大人でも意外と怖い滑り台今だに健在。
……こっそりチャレンジした事があるかーちゃん(笑)



前回の場所よりも少し狭いのかな・・・
行った時は午前中だったので空いていたので混雑は感じなかったし、
また来たいな。


モンキービジネス
http://www.monkeybusinesskh.com

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ←ご声援ありがとうございます。
ポチりと足跡残して頂けると嬉しいです。


国旗台登り名人

  • 2015.09.19 Saturday
  • 06:40
おはようございます。

さてこの間街を歩いていたら…見つけた光景。


猿みたい〜
((((;゚Д゚)))))))

もう少し近づいてみる。



わぁお(((o(*゚▽゚*)o)))
こうやって国旗台メンテナンスするんだ。
原始的〜(笑)

木登り名人はカンボジアに多いけれど、太陽で照り出されたイノックに登るのは熱いだろうなぁ。

プノンペンの街を歩いていると本当に面白い光景に出会う事が多いので楽しい!

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ←ご声援ありがとうございます。
ポチりと足跡残して頂けると嬉しいです。

カンボジア初地下道

  • 2015.08.06 Thursday
  • 05:15
おはようございます。

カンボジア初の地下道が通勤経路に出来たのです。

おぉ〜おぉぉぉぉ!!!



通った時間が開通してすぐの週末の夕方頃だったのでこの地下道を渡るために大渋滞になっていた(゚o゚;;

キングダムオブワンダー⊂((・x・))⊃

それにしてもこれからこの地下道を渡って出勤するなんて、なんて、近代的なの〜
♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

12年前にカンボジアにやってきた頃には想像すらできなかったよ。

追記:先日の豪雨で期待を裏切らず水没したそうな...。どうなる地下道。


にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
↑足跡代わりにバナーをよろポチ〜_φ(・_・頂けると嬉しいです。



トゥールコークが今熱い訳

  • 2015.08.05 Wednesday
  • 05:05
おはようございます。

トゥールコークのに住み始めたのは6年前。

まるで陸の孤島でスーパーも洒落たお店もなく、何をするにも市街地にでないとできない地域だった。

そんなところで新婚生活をスタートしたとーちゃん&かーちゃんは耐えきれなくなって遂にトゥールコークの脱出。
市街地にアパートを借りて生活をしていた時期もあったけれど、1年半前に古巣のトゥールコークへ舞い戻る。

とーちゃんの実家がトゥールコークにあり、義理両親に子育て絶賛サポート頂いているのでやはり近くないと不便だという、分かりきった結果に至る。
テヘヘ(; ̄ェ ̄)

実家を出た時が、子供がまだ1人だったという身軽さが背中をグイグイ押したんだけれどもね。(←言い訳)

でもね、昔は陸の孤島だと思っていたトゥールコークも、とっても栄えてきて、ラッキースーパーや銀行、バンケンコンで番を張っている有名カフェやバーガー店が軒を連ね始めたよん。

娘達は日本人学校には通っていないけれど日本人学校も近くにできたし。

最近はトゥールコーク探索がマイブーム。




にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
↑足跡代わりにバナーをよろポチ〜_φ(・_・頂けると嬉しいです。
な、なんとTOP10入りしちゃいました〜。
ここからはハードルが高そう...。

スバエクの彼

  • 2015.07.03 Friday
  • 05:50
スバエクの彼に会いに行った。



スバエクとは牛の皮を彫って作る作品で影絵を楽しむカンボジアの古くからの伝統芸能。

それは今では殆ど演じられなくなったけれどアートとして根強い人気がある。

この彼は20代にして6年間修行を積み、今では人気作家_φ(・_・

今彼が作っているのはオーダーメイドのランプシェード。とっても素敵。

私もいつか彼の作品を家に迎え入れたい。



白鳥ボート

  • 2014.01.19 Sunday
  • 09:55
前々から気になっていた白鳥ボート。
こういう系って足漕ぎボートだと思ってたんだけど・・・@ダイヤモンドアイランド

バッテリーで動いてた!

流石カンボジア。ハイテクノロジーすぎる。

この国では先入観は捨て去るべし。

お散歩

  • 2012.11.01 Thursday
  • 09:32

休日の朝。
我が家は休日だからと言って遅くまで寝ている事はほとんどナイ。
家族3人(旦那、2人の娘)の腹時計は定時なのだ。時間なるとぐずり始める。
寝かせてくれ〜(><)とは思うけれど、そんな訳にも行かず、結局平日より30分位遅い5時半に起床。今日は旦那が珍しく川沿いに散歩でも行くかと、まだ薄暗いプノンペンの町を車の窓を全開にしてとっても気持ちいい。



久しぶりに、歩く、歩く、歩く…。
王宮前では幸せの鳥も放したので、きっと近いうちに幸せになれる予定。ウフフ
ビビっているにも関わらず、もっともっととせがむゆりに甘い旦那は、幸せの鳥、ケージ買い
 12ペアの24羽。すごい迫力で飛んでった。
でもその後に、幸せの鳥売り5人位に囲まれて強烈なセールスに逃げ帰る私達。(笑)
総勢、100羽位の鳥に囲まれたの生まれて初めてカモ。
キモチワルカッタ

気を取り直して、川沿いで飲茶の朝ごはんを頂いて、スーパーで買い物をして帰宅。
まだ朝9時半位。なんだかとっても得した気分。

こんな朝も素敵だな。

カンボジアブログランキングに参加しています。
お時間ある方はポチリとお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

肩車

  • 2012.10.22 Monday
  • 19:20

娘は肩車が好きだ。

私も肩車が好きだ。流石に大人だからしてくれる人もいないし、雑技団でもあるまいし、やってくれとも頼まないが。



目線が変わるというのは景色が変わる。時々膝をついて、家の中をぐるぐると回ってみる。子供の目線で。子供はこんな目線で生活しているんだ。机の上に少し見えるお皿、何が乗っているんだろうか?引っ張ってみたい。そんな好奇心は分かる。
娘と話をする時は常に娘と同じ高さで話をする事にしている。


お散歩中、歩くのに疲れたユリはパパに肩車をしてもらう。
娘は父の肩に乗ってこの広い世界を見渡せただろうか。
旦那の背中がちょっぴりカッコよく見えた。

いつもありがとう。


カンボジアブログランキングに参加しています。
お時間ある方はポチリとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM