キャッサバ事業のワークショップin Phnom Penh Hotel

  • 2012.11.13 Tuesday
  • 10:16

珍しく、今日はお仕事の話。
真面目に仕事もしていると言うアピール(笑)

先日プノンペンホテルにて日本財団等が促進してきていたキャッサバ事業(植え付け、加工、輸出等)の報告会が行われました。連作障害や病気の問題、今まであまり活用されていなかった葉っぱの部分を飼料として利用する方法などを具体的に発表されていて、非常に意義のある内容だったと思います。



参加者の大半が政府関係の人たちで企業として招待されたのは本当に数社だった・・・カンボジア国内には国内外のキャッサバ植え付け企業、加工企業、が山ほどあるのに、全く招待されていない…ことは非常に残念だった。中には、参加を希望したけれども、許可されなかっただとか。中にはこっそりと参加している会社も!!!

企業側からの会社紹介、事業報告などが行われた時は、
「農業省がゴタゴタとうるさいので、勝手にやった」
「政府は国を発展させるつもりはあるのか?」

それに対して農業省の代表出来ている人が
「あなたのやっている事は違法であり処罰されるべき事である。このような場でそのような事を言うのは間違っている」

とヒヤヒヤ。

結局ファウンダー側からの仲裁で丸く収まったのだけれども。

その後のグループディスカッションでも私のグループは私達以外は政府のお役人さん達だった。
私の意見もことごとく否定されて、撃沈したのであった(笑)



まとめ。
このようなワークショップが開かれた事は大進歩だと思う。そして日本財団等のファウンダーが持っている栽培技術、プロセス等はもっとカンボジア国内で広がるべきだと思うし、いち、輸出企業として今ある環境の中で、その活動に貢献できないかと考えてみたい。
ただ、役所とプライベートセクターのギャップというか温度差には驚いたし、それぞれにはそれぞれの言い分があるとは思うけれども、お互いがもう少し歩み寄り・・・というか、私はプライベートセクター側の人間だから、政府側がもう少しプライベートセクターの意見に耳を傾け・・・・法整備等はお任せするので、企業間同士の意見交換、協力、が積極的にできたらいいなと思う。

だって、プライベートセクターは明日の生活さえも確証されていない企業戦士達なのだから、やると決めたら必死だと思う。その必死がきっとカンボジア国内のキャッサバ事業の成長につながるとそう感じた。

カンボジアブログランキングに参加しております。
お時間ある方はポチリとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

コンポントムの新しいマネージメントチームの勉強会。

  • 2012.09.12 Wednesday
  • 08:45

10月から地方工場のマネージメントチームを入れ替えるので、その勉強会が開かれた。
久しぶりにコンポントムへ。それにしてもスゴイ湿気。

10月に入ると完全にマネージメントを入れ替え、11月の雨季明けには、本格始動を始める予定。楽しみです。



80トンまで測れる秤の使い方を勉強中。



うちのドライバーやセキュリティースタッフは荷物役。

切り替えに向けてやらないといけない事が山ほどあって、間に合うのか心配。
でもただ、前に進むのみ。
私達の手の届かなかったところにもきっと届くだろうし、新しいアイデアやしくみを作ってくれるだろうと、
この新しいマネージメントチームの活躍に期待しています。

それにしても、ゆりをディケアに預け、さくらを旦那の実家に預け、コンポントムに出張。
4時半のお迎えの時間までに帰ってきて…激務だった(大汗)

カンボジアブログランキングに参加しています。
お時間ある方はポチリとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

コンテナでのキャッサバ輸出始まりました。

  • 2012.08.15 Wednesday
  • 14:38

この時期のキャッサバの輸出はコンテナ利用の小口が中心になる。
この時期に乾燥を行ったキャッサバの多くは雨にあたったり、水没してしまっていたり、カビ生えていたり、腐っていたりと品質を維持するのに必死なのだ。
売り手が品質の悪いキャッサバを見えにくいところに入れていたりと、相手もうわて。
半分荷卸ししたところで、最悪な品質のものが出てきたり、ウジ虫がドバーと出てきたりと…この間は品質チェックのスタッフがウジ虫に呑みこまれる夢を見たんだとか。(苦笑)
自社工場での乾季に作ったチップのストックももうほとんどない。雨季のストック量をうまく読めていなかったのが大失態。

私達はコンテナでの輸出の経験が少ない為か一回目のコンテナ詰めで失敗して、コンテナに入れたキャッサバチップ丸ごと捨てる羽目に。この時期は買付けも高いしで、散々でした(涙)



プノンペン倉庫で品質チェックをするスタッフ。



水分量もぎりぎりOK。規定は14%以下。これで数日、倉庫においておくと、もう少し水分量が下がります。



今回は500トン。
旦那が出発の準備が出来次第、日本に来れそうです。

カンボジアブログランキングに参加しています。
お時間あるかたはポチリとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

中国に到着したキャッサバチップの水没被害

  • 2012.07.25 Wednesday
  • 11:23

中国へ行って来た時の話。
実は「キャッサバ4本目の船が水没した」とのことであわてて、中国へ。
その被害はとてつもないもので、20%程が台無しに。



↑一番下の船底にあったジャンボバックのボトムは酸化しちゃって真っ赤っか。

中は水分を吸っちゃって、丸ごと円柱状態・・・・。
無理矢理引き出してくると…こんな感じ↓



板ダヨこれじゃ。

この被害、結局、デスチャージの時の雨が原因だったのだった。(それでもディスチャージを担当した中国の会社は否定しているけれど)
船会社、カンボジア側のロジスティックの会社、中国側のロジスティックの会社、バイヤー、そしてexporterのうちの会社。とにかっくたくさんの会社が絡んでいるからややこしい。しかも多国籍。
ああだの、こうだのともめにもめて、証拠をつきつめて、提示するが、中国側のロジスティックの会社とのつじつま合わない言い訳?言い分?で目がテン。

流石、中国。手強い相手だぜぇ〜。

カンボジアブログランキングに参加しています。
お時間ある方はポチリとよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

土曜日なんだけれど、会議。

  • 2012.03.24 Saturday
  • 12:48

今日は経営している会社の全体会議が午前と午後に分かれてあるので、結局ほぼ一日事務所。
せっかくの土曜日なのになぁ。
午後の会議が終わったらスーパーに買い出しに行こう♪

明日は、義理母がカンポットにあるお寺に寄付した建物のオープニングがあるらしく、旦那が参加予定。予定日が近い私と娘は家でお留守番。
なんだかんだと、家族みんなでゆっくり出来ない週末をもう何週もすごしている様な気がする。

そして、こんな時期なのに、雲行きも怪しくって、朝早く干してきた洗濯物が心配…心配だ、心配だと連呼していたら、午後の会議に参加しない旦那が、洗濯ものを取り入れに行ってくれた。
午前の会議が終わって、静かになったオフィス。一部従業員が午後からの会議の資料を準備している。そんな土曜日の昼時の事務所。

4月1日にプレオープニングだった、コンポンスプーとプノンペンの工場が正式オープンする予定で、それによる人事異動や意見交換等を午前中に行った。
4月1日の新工場のオープンに合わせて、色々な業務の改定も行われる。
私も、旦那もまだ会社経営に関しては経験が少なくって、失敗だらけで、頭が痛い。
それでも、みんなで集まって話し合って、本当に半歩ずつなんだけれども前に進んで行けているのは幸せなこと。
他から見たら亀ペースかもしれないけれど、ゆっくりとゆっくりと急がず進む事が、会社経営の素人の進み方。



午前中の会議の前によったGloria Jean`s COFFEEで買ったキーホルダー。レジの横に置いてあったので何となく買ってみた。
カフェショップ天国のプノンペンなんだけれど、残念な事にコーヒーが飲めない私。旦那用に毎朝アメリカンのホットコーヒーを入れているのだけれども、もっと凝ったコーヒーを入れてやりたい。豆から轢いて・・・とか。Gloria Jean`s COFFEEに素敵な一杯用のフィルターグリップが売っていたので、落ち着いたらチャレンジしてみよう。コーヒーは飲めないけれど、コーヒーの香りは大好き。清々しい朝にコーヒーの香りが漂っていたら素敵じゃないですか。

なんとか心の余裕を保とうとしているのだけれども、どうしてもイライラしてしまう毎日。出産が近づいて不安の現れなんだろうか。

カンボジアブログランキングに参加しています。
お時間ある方はポチリとよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

工場での出来事。

  • 2012.03.20 Tuesday
  • 08:24

今、コンポンチャムとコンポントムの2ヶ所の工場をフル稼働してキャッサバの買い付けをしている。場所が違えば、購入価格や集荷状況も全く違うのは当たり前なんですけれど、それ以外にも売り手の性格なんかも違って見ていて面白い。先日旦那が、工場に出向いた時の話。

基本的に買付けたキャッサバの支払いは2〜5日後。プノンペンに書類が送られてきて、間違いがないと判断されてから、プノンペンから送金される。旦那が行った日は、購入したキャッサバの支払日でもあり、新しい売り手が売りにも来ていた、そんないつもの光景。
支払いを見ていた旦那の元に、一組の夫婦と小さな子供(うちの娘と同じ年位だったとか)がやってきて、先ほどキャッサバを売ったのだけれども、支払いは数日後になると聞いた。今すぐお金が欲しいので何とかしてほしいとのこと。支払いを担当していた、従業員は会社の決まりだからと、断ったので、その家族はその場を引いた。

暫くその家族は工場の周りをうろうろしていたのだけれども、もう一度支払いの列に戻ってきて、どうしても今すぐお金が欲しいと言ってきた。支払いに並んでいた他の売り手の人たちが、自分たちも数日まったのだからと諭しても食いついてきたので、その場にいた一人が、事情を聴くと、
彼らは2日間半かけて家族で村からこの工場まで自分の家の敷地でとれたキャッサバを売りに来たのだそう。彼らの耕運機には鍋からお皿から一式、往復約1週間の旅路での必要な道具を積んでいた。以前は彼らが住む村にもキャッサバをまとめて買うブローカーがやってきて買ってくれたのだけれども、最後に買付けに来た時に支払いがなくそのまま姿を消したのだそう。

この手の話はカンボジアではよくある。騙されるのは外国人も多いけれども、ローカルだってよく聞く話である。私達は会社であってNGOではないので、助けてあげたい気持ちは山々でももし、今ここでこの家族を助けてしまうと、私も!僕も!と会社としての機能が果たせなくなってしまう。
従業員始め、旦那が困っていると、支払いの列に並んでいた別の売り手が、旦那に、彼らへの支払金額分を自分の支払いから差し引いて渡してほしいと志願してきたのだと。その支払い金額1144000リエル。数量にして2トンちょっと。そして数日後に立替た分をもらいに来ると。
会社のシステム上、売り手とは違う名前での支払いは出来ないことを説明したのだけれども、列に並んでいた別の売り手も、どうにかしてやってほしいと訴えてきたそうで、結局支払いを優先した。
幸い、私が心配していたような、連鎖反応は今のところない。

この話を旦那から聞いた時、心がポッと温かくなったのと同時に少し複雑な気持ちになった。

この判断は良かったのか…悪かったのか…私にはまだ判断できない。もしかすると、答えはないのかもしれない。
だけれども、今自分が携わっている仕事が、ソーシャルビジネスとして確立し、無償の援助ではなく、仕事を通しての自立を促せるシステムを確立できれば、冥利に尽きる。

カンボジアブログランキングに参加しています。
お時間ある方はポチリとよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

中国向けキャッサバチップ第二本目は本日出港です。

  • 2012.03.13 Tuesday
  • 08:57

本当は昨日出港予定だったんですけれども、私の大ボケのミスで、書類が足りず…一日遅れでの出発になりました。猛反省…。ガックリ。

今回の2本目は前回より1500M/T多い、4500M/Tちょっとです。


↑出港を待つRiver burge。

今回の問題点は、国内の陸上輸送の統率がとれず、PP港に一日200M/T〜600M/T到着というばらつきが出てしまい、River burgeへの積み込み作業が遅れたり、逆に、積み込む荷物が届かなかったりと、大変でした。3本目の準備の際はこの反省点を生かし、毎日決まった量を運搬できるよう、手配しなくちゃいけないなぁと思います。
また一本目の時に大失敗した水路の国内輸送方法も国内輸送費のコスト削減にやっぱりメリットがあると思われるので、ファシリティが足りないコンポンチャム等の港で専門的なアドバイスを受けながら、スムーズにローディングが出来ないか、検討しています。

と言っても、3本目の準備が今週末から始まります。
輸出のスピードが上がってきているのでテンヤワンヤですが、一歩一歩前に進めている手ごたえは感じます。

カンボジアブログランキングに参加しています。
お時間ある方はポチリとよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

6袋吊り上げクレーン墜落。

  • 2012.03.06 Tuesday
  • 10:41
 メイドインカンボジアのクレーンアームでの一度に6袋の吊り上げが順調に進んでいたのだけれども、ついに切れました・・・・。
でも切れたのはクレーンアームではなく、メイドインチャイナのジャンボバックです。ひとつきれて、バランスを崩して全部落ちました。ガーン。



メイドインカンボジアのクレーンアームは無傷。メイドインカンボジアも馬鹿に出来ないなぁと、え?じゃぁメイドインチャイナのジャンボバックは・・・・・??何ですけれど。(苦笑)
紐が切れたところから袋が裂けて、PPポートにキャッサバチップをばら撒いてしまう惨事となり、スコップやら、なんやら持ちだして、みんなで新しい袋に詰め替えをしたのですが、PPポートの監視員には、

「ちゃんと綺麗に掃除してよ!!」

と、怒られる始末。
それにしても、メコン川に落ちなくてよかった。

カンボジアブログランキングに参加しています。
お時間ある方はポチリとよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

第二本目の中国行きキャッサバの積み込み開始

  • 2012.03.01 Thursday
  • 16:04

第二本目のキャッサバ輸出の積み込み作業が今朝からプノンペン港で始まりました。今回はカンボジアでハンドメイドしたクレーンアームで一気に6袋吊り下げられる方法に切り替え、積み込み作業が一回目に比べて一気に早くなりました。



6袋…合計5トン近くなのですが、こんな細腕で大丈夫なのかと少し不安でしたが、見事吊り上げ成功。あとは耐久性がどこまで続くかが見どころデス。

1回目の行程に比べて全て非常にスムーズに行っており、3,4日で積み込みを終了する予定です。


カンボジアブログランキングに参加しています。
お時間ある方はポチリとよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

工場長会議が開かれました。

  • 2012.02.29 Wednesday
  • 08:43
現在稼働させているコンポントムとコンポンチャムの2つの工場長が集まり事務所で運営方法等を話し合いました。当社の経営陣(プノンペン事務所勤務の人たち)は20代後半から30代前半。一方工場長は50代後半から60代前半と非常にジェネレーションギャップがあり、前々から色々なシステム構築の中でトラブルが発生していました。
データー不足の書類や不透明なレシートの撲滅を目指し、経理システムの再確認を行いました。 

工場長のノートに書きだす案VS経理担当者のパソコンによるデーターベース化案

で激しいバトルが繰り広げられました。ジェネレーションギャップだなぁ…汗)


どっちも素晴らしい案なんだけれども、それぞれの工場で処理されたものは1週間に一度プノンペンの事務所に集められ、保存される。その際はもちろんパソコンを使うのだけれど、ノートに書きだす案だと、プノンペンでのパソコン打ち込み作業に手間がかかり、タイムロスになるという、プノンペン経理からの案に、「うんうん、そりゃ、そうだ…」とうなずく。

工場単体で動くならノートに書きだす案は電気供給が不安定な地方での作業では最適なのだけれど、全ての工場のデーターをプノンペンで保存するとなると、やはり、プノンペンでの作業の軽減化を考えるとデーターベース化が最適じゃないのかと言う事で、工場長も納得。今もうひとつ工場を建設中で、近い将来3つの工場を稼働させると、プノンペンの事務所は仕事が追いつかなくなってしまうので、ある程度、形になった状態で、事務所に届けるよう、話し合いを進める。

ある工場長の一言
「難しい世の中になったもんだ・・・・」


『個』で動くのではなくって『企業』として動くということを理解してもらうのが、とっても難しい。

カンボジアブログランキングに参加しています。
お時間ある方はポチリとよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM