将来募集中

  • 2014.01.12 Sunday
  • 19:00
ちょっと面白すぎて、シェア。



さらっと要約すると、
将来を募集中
私はアメリカに住んでいます。
カンボジアで奥さん募集中。
年齢18-35歳まで
高卒以上
・・・・・・
興味のある人は履歴書を下記のアドレスまでお送りください。


アハハ。ユーモアがあっていいけど、
これで選ばれた人って本当に奥さんになれるのかな。

シアヌーク前国王の死

  • 2012.10.18 Thursday
  • 10:49
 シアヌーク前国王の死に哀悼の意を申し上げます。



あれは確か私がカンボジアに移住して数カ月後だったかと思う。シェムリアップの国王ファミリーの別荘の近くでシアヌーク前国王(当時は国王)の80歳の誕生日を祝う大きな看板が掲げられていたのを思い出す。

それから数年後、シアヌーク前国王(当時は国王)が看板が掲げられていた同じ場所で、何かのイベントか忘れてしまったけれど…町の人達と触れ合っていて、そこに居合わせた私は、前国王が「……息子達、娘達、孫達、みんな体に気をつけて・・・・・」と話しているのを聞いて、あぁそうか、国王にとっては国民は家族なんだ・・・・そうなんだよなぁ…と凄く感じた事があった。
なんてことない会話のワンシーンだったのだけれども、私はその時以来シアヌーク前国王の人柄に興味を持ち、さまざまな出版物を読み漁った頃があった。

それから10年。シアヌーク前国王の悲報を旅行先のラタナキリで聞いた時、なんだかカンボジアに何か大きな穴があいてしまったような、何か物足りないようなそんな気持ちに襲われた。
私も長くカンボジアに住んだもんだ。

日本のカンニング問題が海を越えてカンボジアに上陸。

  • 2011.03.05 Saturday
  • 17:30

日本で話題になった、ヤフー知恵袋を使った大学入試試験でのカンニング事件。海を越えて、巨大な中国も通り過ぎて、メコン川を下って、プノンペンにまで届いてしまったもようです(笑)



カフェで英字新聞を読んでいたらその記事が載っていた。旦那の一言。「平和だねぇ」

犯人が捕まる前はプロ集団だの、試験監督を買収しただの、内部の犯行だのと憶測が飛び交い謎が謎を呼んだこの事件。はっきり言って、ちょっと軽い気持ちでやっちゃって、踏み外しちゃったんだろうけど…。本人もここまで大騒ぎになるとはおもっていなかったんだろうし、それだけ完璧に左手で机の下で質問をうち入れる能力があるのには真面目に脱帽。私にはできない技だわ。公正の道はいっぱいあるんだし、彼にはこれから反省して頑張って欲しいと応援したくなる。

それにしてもこのニュースがカンボジアンディリーに載るとはねぇ。日本も大したもんだ。

もうすぐ桜の季節ですね。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

水祭りでの将棋倒し事故の哀悼の灯が各家庭に灯されました。

  • 2010.11.24 Wednesday
  • 12:42

昨夜は政府からの提案により、各家庭の玄関の前に水祭りでの将棋倒し事故での死者への哀悼の意を捧げる為に、お線香とロウソクが灯された。お祭り騒ぎそして事故が発生し騒然となった数日間から一転、静まりかえったプノンペンの夜。普段あまりつけないテレビをつけると、事故の最新情報が次々と伝えられた。電話が通じない息子を探しに病院にやってきた母親。息子の死亡を確認。そんな話が次々と伝えられている。本当に恐ろしい。死者の三分の二が女性と子供だったという。どれだけ男性と対等な立場で生活していても、このような事故に巻き込まれると弱者である女性。太刀打ちできないよ。

あるチャンネルで、カンボジア全土から続々と集められた寄付金。1ドルから1万ドルまで。寄付した人全員の名前が延々と読み上げられいる。総額は図り知れない。普段、カンボジアに対する嫌味をブログでつらつらと書きならべている私だが、今回は本当に脱帽。根っからの仏教徒である国民性が基盤にあるのだろうけれども、諸外国の様な事故発生時の被害者への補償体制などが整っていない国だけに、国民が総出でサポートするということなのかな。不謹慎かもしれないけれど、その労りの気持ちを普段から持てたら、この国はもっともっと発展すると思う。

カンボジア全土から集まった寄付金の他に、カンボジア政府、ダイアモンドシティー運営会社からも医療費、援助費、和解金などが、配られると新聞に載っていた。

明日25日はカンボジア国全土で哀悼の会を開く為臨時休日となるようです。

水祭りでの将棋倒し事故

  • 2010.11.23 Tuesday
  • 12:19
大変な事故が起こってしまったようです。

事故詳細をご存じでない方は↓クリックしてください。ヤフーニュースに飛びます。
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101123-00000018-jij-int

当に人災。私も小学生の頃、学校の上靴置き場で将棋倒しになった事があった。数年前に花火大会の会場で将棋倒しになり数名死亡したというニュースも記憶にある。

それでも事故現場の映像、画像がニュースで流れる度に、信じられない、私達日本人が想像する将棋倒しをはるかに超える現場の様子に、絶句。我が家は水祭り観光禁止令が毎年発令されるので、被害に巻き込まれる事はなかったけれども、楽しいはずの水祭りで死亡された被害者の方のご冥福をお祈りするとともに、重傷者の早期回復、事故発生の原因追究、そして今後再び同じ事故を起こさない対策を立ててくれる事を強く願う。

集団パニックと言うのは非常に恐ろしい。色んな噂が現地を駆け巡っているけれども、小さな興奮が集団では大きなパニックを引き起こすと、手をつけれなくなる。
特に水祭りは田舎からの観光客が多い。初めてのプノンペン、始めての旅行、まるで夢の世界に来たような気になる若者も少なくない、どうしても興奮してしまう。冷静になんて無理だ。

警察の警備が甘かったのではないかという声も大きい。確かにカンボジアの警察の警備なんて、フンセン首相レベルの閣僚が怒鳴らない限り、甘いってもんじゃない。パニックを制御出来なかった事が問題なのではなく、パニックを引き起こさない体制を作れなかった事が今回の問題だと思う。でもここはカンボジア。発生するか分からない状況に対して対策をとれというのは難しいのかもしれない。

恐ろしいのでテレビを消した。

新首相府完成。

  • 2010.10.22 Friday
  • 11:32

先日プノンペンに新首相府および国際会議場がはればれしく中国の援助を得て完成いたしました。すごいでかいですね〜。本当は今年のクメール正月の完成を目指していたようですが、6か月遅れ。まぁ…こんなもんでしょうか。我が家のベランダからすごく綺麗に見えます。夜はライトアップされ、浮かび上がってます。絶景です。今度写真を撮ってお見せしますが、今回は、車で前を通りかかった時に撮った写真です。ちょっといいアングルじゃなくてすみません。



これからここでどんな会議が開かれるのでしょうか。
会議が開かれる度に、この前の国道は閉鎖されるのでしょうか。
19日の完成式典の時は、道が大体的に閉鎖され、100メートル進むのに30分以上かかった有様。カンボジアってあまり抜け道もないし、あまり渋滞慣れしていないカンボジア人、我慢づよくないカンボジア人が逆走して、我も我もと続き対向車とごっつんこして、にっちもさっちも動けなくなる…という、典型的なカンボジア渋滞がまた発生するのかと思うとうんざりです。

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM